牡蠣エキスの味覚障害を予防・改善する効果

牡蠣エキスの味覚障害を予防・改善する効果について

美味しく食事をする女性

自分では普通に味付けしたつもりなのに、家族から「味付けが濃すぎる」と言われた。何を食べても美味しいと感じられない、または味がしない。

 

このような悩みを抱えていませんか?

 

これらは、味覚障害の症状です。近年では、知らない間に味覚障害になっている人が増えていると言われています。そして、その最大の原因は亜鉛不足なのです。

 

ここでは、亜鉛と味覚の関係についてお話していきます。

味覚における亜鉛の重要な働き

人間の舌には、「味蕾」という味を感じるための器官があります。そして、この器官は他の細胞と同様新陳代謝を繰り返し、常に新しいものが形成されているのです。この形成には、亜鉛が必要不可欠となっています。

 

このため、万が一亜鉛が不足してしまうと、新陳代謝が正常に行われなくなるのです。その結果、味蕾が減少して味を感じにくくなってしまいます。

 

そして、この「味覚を感じにくくなる」という症状は亜鉛不足初期段階で起こるものです。前は美味しかったはずのものが美味しいと感じられなくなったり、いつもの味付けが薄く感じるようになった人は要注意。亜鉛が不足しているのかもしれません!

味覚障害、放置しておくと大変なことに…?

味覚障害に陥ると、普段の味付けでは薄く感じて物足りなくなるため、濃い味を好むようになります。こうなると当然、塩分や糖質摂取量が増えるため、高血圧や糖尿病を引き起こしやすくなってしまうのです。

 

また、もし既に高血圧や糖尿病にかかっている人が味覚障害になった場合、これらの病気を悪化させる可能性もあります。どちらも、近年では発症する人も多い生活習慣病として危惧されているものです。

 

このような病気に繋がるのを防ぐためにも、普段と味の感じ方が違うと感じたり、家族から味付けが濃すぎると指摘された場合は、速やかに亜鉛を補う習慣をつけましょう。

ストレスで負のループに陥ることも…

人間は、自分が期待していた味とは全く違う味がすると強いストレスを感じると言われています。このストレスが精神的負担となって、味覚障害を更に悪化させてしまうこともあるので、注意が必要です。一度このような状態になると、ストレスによる味覚障害のループに陥るだけでなく、精神的な病気に繋がることもあるため、注意しましょう。

効率的に亜鉛を摂取するなら牡蠣エキス

さて、亜鉛と味覚の間に深い関係があること、お分かりいただけたでしょう。こうした症状に悩まされないようにするためにも、毎日亜鉛の摂取を心がけていくことが大切です。

 

でも、いちいち亜鉛を気にしながら食事をしてられない…。たしかに、毎日忙しい人やどうしても夜の付き合いが多い人にとって、亜鉛を意識した食事をとるのは難しいものです。

 

そこで、近年注目されているのが牡蠣エキスのサプリメント。

 

食事に気を使わなくても手軽に必要な亜鉛を補えるため、愛用している人は増えています。また、亜鉛以外にもグリコーゲンやオルニチン、ミネラル、ビタミンなど美容と健康を支える栄養素が豊富に含まれているので、日頃から不足しがちな栄養素を手軽に補えます。

 

味覚障害を予防・改善しながら健康な体を維持するためにも、ぜひ牡蠣エキスのサプリメントを試してみてくださいね。

 

牡蠣エキスサプリメントのおすすめランキング

 

<関連記事>