牡蠣エキス 副作用

牡蠣エキスに副作用はあるのか

肝臓に良い効果をもたらしたり、疲労感を取り除いてくれることに効果があったり…と、
良いことづくしな牡蠣エキス。健康のために飲み始めたい!と意気込んでいる人も多いと思います。

 

しかし、ここで1つ気になってくるのが、牡蠣エキスに副作用があるのかどうか…ということですね。
体に良い影響を与えてくれることで知られる牡蠣エキスにも、副作用は存在するのでしょうか?

牡蠣そのものは食中毒の危険性が

牡蠣

まず栄養素の過剰摂取による副作用が考えられますが、よっぽど大量に牡蠣を食べないかぎり、過剰摂取にはなりませんので心配いりません。

 

しかし、牡蠣は食中毒になることも多い食べ物として知られています。つまり、牡蠣そのものを食べる場合は栄養素による副作用よりも、食中毒の危険性が高いことを意識しなければなりません。

 

特に牡蠣の食中毒は、十分に加熱していても起こる可能性があると言われています。
実際、加熱された料理を食べたのに牡蠣にあたってしまった…
という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

そこで、牡蠣の栄養素を摂るためにサプリメントの利用をおすすめします。
サプリメントであれば、食中毒の心配をすることなく、牡蠣の栄養を補給することが可能です。

牡蠣エキスのサプリメントに副作用は存在するのか?

海乳EX【定期押しバナー】

牡蠣特有の食中毒の危険性もなく、苦手な人も気軽に牡蠣の栄養素をたっぷり補うことができるなど、メリットの多さで知られている牡蠣エキスサプリメント。

 

でも、どんなにたくさんのメリットを持つものでもデメリットはつきもの。結論から言えば、飲み方などによっては副作用が現れてしまうことがあると言われています。

 

主な副作用として挙げられるのは、牡蠣エキスに含まれている亜鉛によるもの。亜鉛は基本的に貧血を防いだり、肝臓に良い影響を与えてくれるものと言われていますが、実は長期にわたって過剰に摂取しすぎてしまうのは危険と言われているものでもあります。

 

長期にわたって過剰摂取をしていると、腎臓障害に繋がってしまう可能性があると言われているのだとか。
せっかく肝機能を改善したりすることができても、腎臓機能に害が及んでは元も子もありません。
腎臓の健康のためにも、用量を守って過剰摂取しないように注意しましょう。

 

また、牡蠣に多く含まれているもう一つの栄養素、タウリン。
アミノ酸の一種であるタウリンは、過剰摂取したとしても、
必要ない分は排泄されていくと言われているため、特に危険視する必要はないでしょう。
ただし、人によっては過剰に摂取することで吐き気を伴ったり、下痢になったりすることもあるようです。

副作用を出さないために

上記のとおり、過剰摂取してしまうと、副作用の危険性がある牡蠣エキス。
とはいえ、普通の量を摂取しているのであれば心配はありません。
亜鉛やタウリンによる副作用が現れるのも、あくまで過剰摂取を続けた場合です。

 

健康に良いものだからと、牡蠣エキスサプリメントを短期間に大量摂取しても、
より大きな効果を期待できる…ということではありませんので、
必ず決められた量を守って摂取するように心がけましょう。

 

大切なのは一度に摂取する量よりも毎日コツコツ続けていくこと…
それを常に念頭に置いて、健康生活に役立てていきましょう。

 

牡蠣エキスサプリメントのおすすめランキング