肝機能を改善する!肝臓を回復させる方法とは

肝機能を改善する!肝臓を元気にする方法とは

健康な身体を維持するうえで、肝機能を正常に働かせることは非常に重要です。しかし、何も考えずに生活していると、毎日肝臓に大きな負担を与えてしまい、気づいたときには肝機能が低下しているなんてことになりがち。もしかしたら、すでに肝機能低下に悩んでいて、これを読んでいるという方も多いのではないでしょうか。

 

残念ながら、肝機能そのものを改善させる薬はありませんので、肝機能低下の原因となった、日頃の生活習慣を変えていくことで改善させていくしかありません。

 

そこで、このページでは、肝機能改善のために実行すべきことを説明していきたいと思います。

 

  1. お酒の飲みすぎに注意
  2. 肝臓のためにも禁煙しよう
  3. 適度な運動をしよう
  4. 肝臓に負担をかける食事を減らす
  5. 肝臓に良い栄養素を摂る

 

お酒の飲みすぎに注意

飲酒中の男性

アルコールを処理するのは肝臓です。当然ながら多量のアルコールを継続的に摂取すれば、肝臓に大きな負担をかけることになりますので肝機能低下の原因となります。

 

また、アルコールを摂取するとアセトアルデヒドという物質が作られてしまうのですが、これが肝細胞を傷つけてしまいますので、肝臓の負担はさらに大きなものとなってしまうのです。

 

特にお酒に強い人は要注意です。お酒に強い人というのはアルコールの分解を早くできる人であって、肝臓が丈夫なわけではありません。酔わないからといってたくさんお酒を飲んでしまえば、
肝臓には大きな負担がかかってしまいますので気を付けましょう。

 

お酒の量は控えめに。連日飲むことは避けて、肝臓を休ませながらお酒を楽しむようにしましょう。

 

タバコは肺だけでなく肝臓にも悪い

肝臓のためにも禁煙

タバコにはタールやニコチンなど多くの有害物質が含まれていますが、それらを解毒するのは肝臓です。タバコを吸えば吸うほど、肝臓には負担をかけることになります。

 

さらに、有害物質は血流も悪くするので、肝臓への血流も減りますし、タバコを吸うと飲酒した時と同じアセトアルデヒドが作られて肝細胞を傷つけますので、いっそう肝臓に負担がかかることになるのです。

 

肝機能がすでに低下している人はもちろんのこと、今はまだ大丈夫という場合も、タバコを吸っている方は早急に禁煙することをおすすめします。

 

適度な運動をしよう

ウォーキングする男女

体を動かすことは肝臓のためにもとても良いことです。

 

ウォーキングやジョギング、水泳など、息が上がらない程度の有酸素運動をすることで、肝臓についた脂肪を燃焼させることができます。できれば週に3回以上、1回あたり30分ほど行うと良いでしょう。

 

筋力トレーニングも効果的です。筋肉量を増やすことで代謝がアップしますので肥満解消に繋がりますし、肝臓の脂肪も燃えやすくなります。

 

細かい筋肉よりも、お腹や太もも、ふくらはぎなど、大きな筋肉を鍛えるのがおすすめ。小さい筋肉を鍛えるよりも高い脂肪燃焼効果を得られます。

 

また、運動にはストレスを発散させる効果もあります。ストレスが溜まると自律神経の働きに影響を及ぼし、心拍数や血圧が上昇。それにより肝臓への血流が悪くなり、肝機能が低下しやすくなってしまうのですが、適度に体を動かすことで、ストレスによる肝機能低下を防止することができるのです。

 

肝臓に負担をかける食事を減らす

肝臓を元気にするためには、肝臓に負担をかけない食事をすることはひじょうに重要です。毒素となるものの摂取をできる限り減らし、糖質や脂質の摂り過ぎに注意しましょう。

毒素の摂取量を減らす

毒素となるものとしては、食品添加物や残留農薬、過酸化脂質などがあげられます。毒素が多い食事をしていると、肝臓はそれを処理するために多大な労力を必要とし、徐々に肝機能が低下してしまうことにります。

食品添加物

ハムやソーセージなどの加工製品や、かまぼこなどの練り製品、ジュースなどの日持ちするものに多く含まれます。コンビニ弁当にも食品添加物は多く含まれていますので、自炊せずコンビニに頼っている人は要注意です。

残留農薬

ほとんどの野菜や果物には農薬が使われています。表面に残っている農薬は、流水にさらしたり、こすり洗いをすることで落とすことができますので、必ずその一手間をかけたうえで食べるようにしましょう。

過酸化脂質

過酸化脂質は、油が空気に触れて酸化することで生じるものです。古くなった油やスナック菓子などに多く含まれています。調理油は使いまわしせず、開栓したらなるべく早く使いきるようにし、スナック菓子は食べても少量だけにしましょう。

糖質や脂質の摂り過ぎに注意

糖質や脂質を必要なエネルギー分だけ摂るのであれば、もちろん良いのですが、余分に摂ってしまうと、それが脂肪として肝臓についてしまい、肝機能低下の原因となってしまいます。外食やコンビニ弁当に頼っていると、どうしても糖質や脂質が過多になりがちなので注意しましょう。

 

また、食べ過ぎにも注意しましょう。食べ過ぎるということは、当然ながら糖質や脂質、食品添加物などの毒素の摂取量も増えて肝臓への負担は増大してしまいます。

 

肝臓に良い栄養素を摂る

肝臓に負担をかける食事をできるだけ避けたうえで、肝臓をサポートする下記のような栄養素を摂ることも非常に有効です。

アミノ酸バランスの良いたんぱく質

肝細胞を修復するためには、必須アミノ酸のバランスが優れた良質なタンパク質が必要となります。
マグロ、カツオ、アジ、サバ、イカ、タコなどの魚介類や、豆腐、納豆、油揚げなどの大豆製品、卵料理などを積極的に摂るといいでしょう。

 

肉類や乳製品も良質なたんぱく質が豊富ですが、脂質も多く含まれているため、肥満の原因になりやすく、摂りすぎには注意する必要があります。

緑黄色野菜の抗酸化作用で肝臓を守る

ほうれん草、にんじん、小松菜、モロヘイヤなどの緑黄色野菜はビタミンA・Eが豊富です。ビタミンA・Eは抗酸化ビタミンと呼ばれており、その抗酸化作用により活性酸素の攻撃から肝臓を守ってくれます。

オルニチンやタウリンをサプリメントで摂る

オルニチンやタウリンは肝臓に関係の深い栄養素として知られています。

 

オルニチンは肝臓でアンモニアの処理に深く関わっているほか、肝臓でのタンパク質合成を高めたり、肝臓の細胞を保護する働きががあります。

 

タウリンは、アルコールの分解を早めたり、溜まった脂肪の分解をするほか、細胞の再生を助けたり、細胞膜を安定させるなど、肝臓内で大きな役目を果たしています。

 

オルニチンが多く含まれるのは「しじみ」、タウリンが多く含まれるのは「牡蠣」です。しじみと牡蠣には、肝臓の機能に関わるアミノ酸やグリコーゲン、ビタミンBなども多く含まれているので、この2つの食材は肝機能を改善するためにひじょうにおすすめです。

 

ただ、なかなかこれらを毎日食べるのは難しいと思いますので、サプリメントも利用するなどして、毎日摂取すると良いでしょう。

 

おすすめの牡蠣&しじみサプリメント

肝臓のために必要な栄養素を毎日手軽に摂るために、当サイトがおすすめしているサプリメントは「レバリズム-L」。牡蠣としじみのエキスに、肝臓への酸素の運搬を助けるスクワレンを加えた今人気の商品です。

 

肝機能を高めるために生活習慣の改善とあわせて、このサプリメントの活用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

当サイト経由なら定期購入の初回980円。いつでも解約できますので、まずは試してみることをおすすめします。

 

>>レバリズム-Lの公式サイトはこちらから

 

 

 

牡蠣エキスサプリメントのおすすめランキング

 

 

<関連記事>