肝機能を改善

肝機能を改善する!肝臓を元気にする秘訣とは

健全な身体を維持するうえで、肝機能の向上・改善は非常に重要です。日常の生活でどのようなことを心掛けて実践すればよいのでしょうか。すぐにでも実践できる肝機能の改善方法を以下に紹介します。

 

酒量は控える

肝臓には、アルコール等を解毒する機能と、脂質、糖質、タンパク質等を代謝する機能があります。アルコールを摂取したとき、肝臓は解毒を最優先させるため他の代謝機能が低下してしまいます。このため、酒を大量に飲みながら、脂質などが多い食べ物を一緒に摂ると、代謝されない脂肪が肝細胞内に蓄積され脂肪肝になります。

 

この脂肪肝を放置すると、肝機能障害を引き起こし、病状が進行すると肝硬変や肝臓ガンになる可能性があります。以下を実践することで、脂肪肝の防止と肝機能の改善につながります。

 

  • 飲酒量や飲む回数を減らす
  • 飲酒の際は、脂っこい食べ物はなるべく避ける
  • 低いアルコール度数の酒に切り替える
  • 断酒する

 

肝臓の負担を軽減し、脂肪肝にならないためには思い切って断酒をすることが効果的です。しかし、酒席の機会が多いなど立場によっては、完全な断酒はなかなか難しいと思います。例えば「脂っこいおつまみは避ける」「途中からウーロン茶に切り替える」など上手に工夫して、脂肪肝の防止と肝機能の回復に努めましょう。

 

過食や高カロリー食品は避ける

アルコールを摂取しなくても、脂質や糖質の多い高カロリー食品を過剰に摂り続けていると、短い期間で脂肪肝になることがあり、この脂肪肝を放置していると、「肝炎」「肝硬変」「肝臓ガン」へと進行する恐れがあります。揚げ物やスナック菓子など高カロリー食品の過食は、肝臓に大きな負担がかかり、肝臓疾患の発症率が高くなります。また、肝機能回復のためにも脂質の多い食品は控えましょう。

 

肝機能回復に効果的な食べ物を摂取する

肝機能の回復には、必須アミノ酸を豊富に含む良質のタンパク質がオススメです。良質なタンパク質は、卵、牛乳、豆腐、納豆、鮭、アジ、シジミ、牡蠣、豚ロース肉、鶏ムネ肉などがあります。

 

他には、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、小松菜など、アブラナ科属の野菜に含まれるスルフォラファンは肝機能改善に有効です。また、ニンニク、ネギ、タマネギなど、ユリ科ネギ属の野菜に含まれるアリシンは肝臓の解毒機能を助ける働きがあります。

 

ただ、注意しなければならないのは、肝機能に問題がある人は、これまで肝臓に良いとされてきた「シジミ」「牡蠣」「レバー」などは逆効果になるということです。脂肪肝や肝炎になると鉄分が過多になってしまい、そこに鉄分を豊富に含んだ食品を摂ると活性酸素が大量に発生し、症状をいっそう悪化させてしまいます。

 

牡蠣エキスサプリメントのおすすめランキング