牡蠣エキス 肝臓

牡蠣エキスの肝臓に対する効果

肝臓の健康のためなら牡蠣エキス!…なんて話は近年有名になっていますよね。
肝臓=牡蠣という式が容易に頭に浮かぶ人も多いことでしょう。

 

でも、具体的にどう肝臓に機能してくれているのかご存知ない方も少なくないのではないでしょうか。
そこで、ここでは牡蠣エキスが肝臓にどのような効果をもたらしてくれるのかを紹介します。

そもそも肝臓ってどんな働きをしているの?

肝臓の代表的な働きといえば、薬物やアルコールなどの有害物質の解毒、食べ物からとれる栄養素の消化と吸収のサポート、さらにそれらをエネルギーへと変換する代謝、消化吸収には欠かせない胆汁の生成と分泌などです。

 

中でも最も有名なのはアルコールなどの毒素を分解してくれる解毒作用でしょう。。肝臓がアルコールを分解してくれているからこそ、私たちは安心してお酒を飲むことが出来るというわけなのです。

 

次に代謝の働き。肝臓は食べ物からとれる糖分や脂質、タンパク質を使いやすい形にして貯蔵する役割も担っています。肝臓に蓄えられたこれらの栄養素は、必要に応じてエネルギーへと姿を変えられ、体全体の生命活動をサポートしているのです。

 

さらに肝臓は胆汁の生成も行っています。胆汁とは、脂肪の消化吸収を行う時に使われる消化液です。これが肝臓で生成され、分泌されていなければ食べ物からとれた脂肪を消化することが出来ないのです。

 

つまり、肝臓の機能が低下してしまうと大変なことになる…ということは、ここで想像できると思います。

 

肝臓が弱ってしまうと、解毒機能が低下してしまうため、アルコールは上手く分解されなくなり、
すぐに酔いやすくなってしまったり、二日酔いに苦しめられやすくなったり、
アルコール以外の毒素も解毒されず、体に害が及んでしまう危険性が出てきます。

 

さらに、代謝の低下によって、糖質などもうまく分解されなくなってしまう上に、
胆汁の分泌が減り脂肪の消化も難しくなります。

 

その結果、肝臓に脂肪が溜まることになり、
脂肪肝や肝硬変など生死に関わるような病気を起こしてしまう可能性が高くなるのです。

肝機能をサポートする栄養素が豊富な牡蠣エキス!

牡蠣エキスに含まれているグリコーゲンやタウリン、ビタミンB群などは
肝機能をサポートしてくれる栄養素として知られています。

タウリン

タウリンの主な働きといえば、肝臓がアルコールを分解するのをサポートするというものです。
そのため、お酒を飲む際にタウリンを摂取すると、アルコールが分解される効率を上げることができます。

 

また、肝細胞の再生をサポートするのもタウリンの働きのひとつです。
再生力の高い肝臓も、毎日のように働き続けていると、どんどん弱ってしまいますが、
タリンは弱った細胞を再生させ、肝機能を向上させてくれるわけですね。

 

さらに、タウリンは肝臓に蓄積された中性脂肪を外へ出してくれるという働きも持っています。
そのため、脂肪肝の予防や改善に役立てていくことが出来るのです。

グリコーゲン

グリコーゲンは肝臓を助け肝機能を高める栄養素ですが、期待できる働きはそれだけではありません。
グリコーゲンは代謝されることによってグルクロン酸の原料になると言われています。
このグルクロン酸とは、解毒作用を持っている物質であるため、肝臓の解毒作用を助けてくれるのです。

ビタミンB群

まず、ビタミンB1とB2は糖質や脂質を分解したり代謝したりするのをサポートします。
ビタミンB3の名も持つナイアシンは、二日酔いの原因として知られている
アセトアルデヒドの分解を助けてくれます。
ビタミンB12は肝臓に蓄えられているもので、アルコール代謝をサポートしています。

 

これらの栄養素が肝臓に行き渡ることで、
肝臓が持つ働きである解毒作用や脂質の消化吸収などを助けてくれるというのです。
乱れた生活習慣や過度な飲酒、暴飲暴食などで弱った肝臓を助け、
肝機能の回復につなげていけるわけですね。

 

でも、こうした栄養素を毎日牡蠣を食べることで摂取するのは大変ですので、
牡蠣エキスが含まれているサプリメントを利用することを、当サイトではオススメしています。
サプリメントであれば、毎日簡単に牡蠣の栄養分を摂ることが可能です。

 

 

 

もちろん牡蠣エキスを摂取するだけでなく、日頃から暴飲暴食を控えたり、
アルコールを過度に飲み過ぎないようにするなどの心がけも大切です。
そうした取り組みも忘れないようにしながら、牡蠣エキス生活を送るようにしていきましょう。

 

牡蠣エキスサプリメントのおすすめランキング

 

<関連記事>