血液検査で肝臓の状態を把握

血液検査で分かる数値で肝臓の状態を把握しよう

肝機能数値を説明する看護師

沈黙の臓器である肝臓の異常を察知する方法に血液検査があります。この血液検査の結果を見て、医師に「〇〇だから気をつけてくださいね」なんて言われることがあるかもしれません。

 

でも意味が検査結果の数値の意味が分かってないと「なんでそんなことを言われたのか?」と疑問に思ってしまうことでしょう。ぜひ、血液検査で分かる数値の意味を知っておきましょう。そうすればあなたの肝臓の状態について自分でもよく知ることができますよ。

 

ALT(GPT)

ALTは主に肝細胞に存在しており、体内でアミノ酸の代謝やエネルギー代謝などの重要な働きを担っている酵素です。

 

本来ならば肝細胞の中にいるのですが、なんらかの影響で肝細胞が破壊されると血液中に漏れ出します。つまり、血液検査においてこのALTの数値が高いということは、
それだけ肝細胞が攻撃され破壊され、ALTが多く漏れだしてしまっているということなのです。

 

30IU/L以下であれば正常です。
31IU/L以上の数値が出ている場合は、自覚症状がなくても肝機能に障害が出ていると考えましょう。

 

AST(GOT)

ALTと同じく肝細胞の中に存在している酵素で、
肝臓以外にも心臓や腎臓などの多くの臓器に存在しています。

 

ASTはALTとは違い、肝臓以外の臓器にも存在しているため、
この数値だけを見て肝臓に障害が出ているのかどうかを判断することはできません。
逆にALTは低いのに、ASTのみが高いという場合には肝臓以外に症状が出ている可能性があります。

 

ASTとALTは一緒にチェックしてください。
こちらもALTと同じく31IU/L以上で障害が出ている可能性があります。

 

γ-GTP

γ-GTPは肝臓や腎臓などで作られている酵素です。
肝細胞や胆管細胞、また胆汁中にも存在している酵素で、主にタンパク質の分解や合成のはたらきを持ちます。

 

このγ-GTPが上昇する理由として、アルコールの摂取のしすぎ、肥満、ある種の薬の服用などがあげられます。
これらによってたくさん作られたγ-GTPは、細胞中に存在しきれず、
あふれるという形で血液中に漏れだしてその数値が上がります。

 

もうひとつの理由は胆汁うっ滞や胆管細胞の破壊です。
なんらかの理由により細胞が破壊されると血液中に漏れだしてしまいます。
胆汁うっ滞は肝機能が低下して胆汁の流れが悪くなった状態をさします。

 

γ-GTPの数値が51IU/L以上になると肝機能低下が疑われます。

 

ALP

肝臓をはじめとしたさまざまな臓器で作られる酵素です。
毛細胆管膜や胆汁中に多く存在していて、主に乳製品やレバーなどに多く含まれる、
リン酸化合物を分解するというはたらきを持っています。

 

肝機能が低下することによって起こる胆汁うっ滞が原因で、
胆汁中に存在しているALPが血液中に漏れ出すことによって数値が上がります。

 

ALPは骨でも作られており、時に成長期の子供や、
骨の病気であったりする場合にもこの数値が上がることがあります。
ALPの数値を見ることで非常に珍しい疾患である原発性胆汁性肝硬変を見つけることもできます。

 

検査の測定法によって基準値は異なりますが、100〜325IU/Lが正常な数値となっています。
これよりも高い場合は胆道疾患や肝機能低下が疑われます。

 

総ビリルビン

ビリルビンは、古赤血球が破壊される際にできる黄色い色素です。
血液に乗って肝臓へと運ばれて、その後胆汁中に捨てられることになります。

 

肝臓で処理される前は非抱合型ビリルビン、処理された後は抱合型ビリルビンという名称になります。
そしてこの2つを総称して総ビリルビンと呼んでいます。

 

通常であれば総ビリルビンは血液中にごくわずかしか存在しませんが、
胆汁うっ滞が生じてしまうと、総ビリルビンが血液中に流れだしてしまいます。

 

総ビリルビンは1.3mg/dL以上で感機能低下や胆管の病気が疑われます。

 

 

このように血液検査の結果からさまざまな情報を得ることができます。
それぞれの意味を理解しておくだけで、医師からの説明だけでなく、
自分で結果を見て納得することができるでしょう。

 

日頃からこうした検査についても知っておくことが大切です。

 

牡蠣エキスサプリメントのおすすめランキング

 

<関連記事>