肝機能を強化できる栄養素とは

肝臓の機能を強化するための栄養素

肝臓の機能を強化するためには、アルコールや脂っこいもの、コンビニ弁当などの添加物が多いものの摂取をできるだけ控えることが大切ですが、それだけでなく、肝臓の機能を助ける働きをする栄養素を多く摂取することもひじょうに有効です。

 

このページでは、肝臓の機能を高める効果が期待できる栄養素について説明します。

タンパク質

タンパク質

肝細胞の修復・再生にはタンパク質が必要となります。よって、良質なタンパク質を十分摂ることは、肝臓の機能を正常に保つうえでひじょうに重要です。

 

良質なタンパク質を多く含む食材は、マグロ、アジ、イカ、タコ、牡蠣などの魚介類や、豆腐、納豆などの大豆食品、肉類、乳製品、卵などがあげられます。

 

ただし、肉類や乳製品は同時に脂質も多く含んでいますので、食べすぎないように注意が必要です。魚介類や大豆食品、卵を中心に摂取することをおすすめします。

 

オルニチン

しじみ

オルニチンは肝臓で重要な働きをする遊離アミノ酸と呼ばれるアミノ酸の一種。肝臓内で疲労の原因物質であるアンモニアの分解を促進したり、機能低下した肝臓を保護したり、タンパク質合成を高めます。

 

それにより、疲労を回復させ、アルコール性疲労の改善をもたらし、運動パフォーマンスの低下も防ぐなどの効果を期待できます。

 

オルニチンはしじみ、ヒラメ、キハダマグロ、チーズなどに多く含まれていますが、十分な効果を得るだけの量を食品だけから摂取が難しいため、サプリメントを利用して摂取すると良いでしょう。

 

タウリン

タウリン

栄養ドリンクの成分で有名なタウリン。肝臓内で重要な働きをする栄養素の1つで、タコやイカ、カツオ、ブリ、牡蠣などの魚介類に多く含まれています。

 

肝細胞の再生を助け、細胞膜を安定化、胆汁酸の分泌を促進するだけでなく、アルコールの分解を早めたり、溜まった中性脂肪を分解するなど、肝臓内での働きは多岐に渡ります。

 

栄養ドリンクに含まれるタウリンは化学的に生成されたもので、副作用の恐れもありますし、添加物も多く含まれていますので、天然の食材に含まれるタウリンを摂ったほうが良いでしょう。

 

亜鉛

牡蠣

亜鉛は肝細胞の修復・再生に深く関わる栄養素です。タンパク質合成により、肝細胞は修復・再生されるのですが、亜鉛が不足するとそれが間に合わなくなってしまいます。

 

つまり、上記のとおりタンパク質を十分摂ることは肝臓にとって大事なことなのですが、亜鉛が足りなければそれも意味がないだけでなく、亜鉛不足は肝硬変という病気に繋がる恐れもあるので注意が必要です。

 

亜鉛は、牡蠣、レバー(鶏・豚)、うなぎ、チーズ、卵黄、納豆、豆腐などに多く含まれます。多くの日本人が不足している栄養素ですので、サプリメントを利用するなどして、毎日十分摂るよう気をつけましょう。

 

しじみ&牡蠣のサプリメントがおすすめ

肝臓の機能を強化するための栄養素は上記のとおりですが、これらを毎日食事だけで十分摂るのは大変なこと。そこで当サイトでは、しじみと牡蠣のエキスを配合したサプリメントの利用を推奨しています。

 

しじみにはオルニチンが豊富に含まれていますし、牡蠣には亜鉛やタウリン、アミノ酸だけでなく、グリコーゲンやビタミンBといった肝臓に関係の深い栄養素も含まれてます。

 

当サイトがおすすめしている商品は「レバリズム-L」。牡蠣としじみに加えて、肝臓への酸素の運搬を助けるスクワレンも配合した人気サプリメントです。

 

生活習慣の改善とあわせて、このサプリメントの活用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

当サイト経由なら定期購入の初回980円。いつでも解約できますので、まずは試してみることをおすすめします。

 

>>レバリズム-Lの公式サイトはこちらから

 

 

 

牡蠣エキスサプリメントのおすすめランキング